卒業袴を初めて着る際の必要な物や流れを紹介

卒業袴もうすぐ大事な卒業式、大切な思い出になるこの時をしっかりとフォーマルにきめた衣装で臨みたいものです。

卒業式と言えば最近は着物に袴を合わせたいわゆる卒業袴が主流となってきています。

しかし着物を日常的に着る機会が少ない現代ではこの卒業式が初めての着物という方も多いでしょう。

着物の着る際に必要なものやその流れを理解している人は少なく、誰かに頼もうと思っていても頼める人自体中々見つからないような状況です。

そこで今回は卒業袴を着る際に必要になるものやその流れについて見てみましょう。

卒業袴を着る際に必要な物

卒業袴を着る際に必要なものは以外ろ様々なものがあります。
列挙してみましょう。

・着物
メインとなる着物は振袖を選ぶ人も多いのですがもう少し短い小振袖を選ぶ方も多くなってきています。
色や柄は単体だけで考えずに袴と合わせたときのことをかんがえて選びましょう。

・袴
様々な色や柄のものがあります。
また、足元の長さは草履を選ぶか靴を選ぶかで変わってくるので先にどちらにするか決めておきましょう。
こちらも袴単体で色や柄を決めずに着物との組み合わせを念頭に選ぶようにしてください。

・袴下帯
袴の下に締めることになる帯です。
後ろで結んだ後、袴の腰板を載せる時に安定感が良くなります。
袴と着物の間に見えるラインとなり良いアクセントとなるので配色や柄も様々なものがあります。

・半襟
着物の下着にあたる長襦袢の襟部分に縫い付けるものです。
本来は長襦袢の衿に付く皮脂や埃、整髪料などの汚れを防ぐためのものですが顔に近く、よく見える位置にあるということで着物の着こなしにおいて重要なポイントとなってきています。
そのためきれいな柄や色が入ったものがあり種類も豊富です。

・長襦袢
着物を着る際における下着のようなものです。
下が透けるような薄手の着物の場合は吸えることを利用した柄入りや色付きの長襦袢を選ぶ場合もありますが卒業袴の場合は透けることもないのでシンプルなものを選んでもかまわないでしょう。
ただし、着物のサイズをしっかり見ておかないと袴の裾から出てしまうなどのことが起きるので注意です。

・衿芯
長襦袢に取り付けた半袖の仲に通して衿を綺麗に見せるためのものです。
衿芯を入れることで衿がピンとしたきれいなカーブを描くようになります。

・裾除け
長襦袢の下に着る下半身の肌着に該当するものです。
吸水性がよく、汗などが長襦袢に付くことを防ぎます。

・伊達締め
幾つかの用途がありますが袴合わせの崩れを防いだり着物のおはしょりを固定するためなどに使われます。

・腰紐
着物の裾が落ちて着崩れしてしまうのを防ぐ紐です。
しっかりと固定する必要がありますがキツすぎると腰が苦しくなるのでちょうどよい加減で縛る必要があります。

・足袋
ブーツの場合は脱ぐ予定がなければ靴下でもよいのですができれば足袋のほうが良いでしょう。

・草履もしくはブーツ
卒業袴に合わせる靴としては草履もしくはブーツが一般的です。
注意点としてはブーツの場合は袴の長さを短くしてブーツが見えやすくなるようにする場合が多いので着物選びの段階で靴をどうするか決めておきましょう。

卒業袴を着る流れ

それでは実際にどのような流れで卒業袴を切るのか流れをざっくりと見てみましょう。

1 足袋や靴下、ストッキングを履く

2 肌着や裾除けを着る
この時同時にタオルなどでウェストや胸元を補正する

3 半襟、衿芯を付けた長襦袢を着る

4 長襦袢の上から着物を羽織る

5 腰紐を巻いた後伊達締めを巻く

5 着物の丈を調整する

6 腰紐と伊達締めを巻く

7 帯を二つ折りにして巻いてしかkり結ぶ

8 袴を履いてしっかり帯を締める

大まかにはこのような流れになります。

着付けは一人でも可能かどうかといえば不可能ではありません。
しかしこのざっくりとした手順だけ見ても熟練者でなければ簡単には着れないことは感じてもらえるかと思います。

出来る限り着物を着たことのある方を助手にして手伝ってもらうほうが良いでしょう。

卒業袴を着る時に靴や小物は何をもっていけばいいの?

みなさん卒業式の衣装は決まりましたか?
着物を着る機会が減ってきた今だからこそ、卒業式の衣装として着物が注目を集めています。

中でもモダンな印象が強い着物と袴の組み合わせ、いわゆる卒業袴はとても可愛らしく卒業式の定番となってきていますね。

しかし卒業袴のイメージは漠然とあっても靴や小物にまで気が回っていない方が意外と多く、時折チグハグな格好になってしまっている方を見かけます。

せっかくの卒業式、着る機会の少ない卒業袴の姿をビシっとさせるために細かいところも拘ってみませんか?

そこで今回は卒業袴の靴や小物について見てみましょう。

卒業袴の靴選び

卒業袴に合わせる靴となると選択肢として挙がるのはブーツや草履になります。

どちらにも一長一短がありますが見た目で言えば草履はより和風で古風なイメージに、対してブーツを選んだ場合は大正時代のようなレトロモダンな印象がとても強くなります。

靴選びは着物のデザインとも絡む部分があるので着物選びと一緒にどちらにするか考えると良いでしょう。

卒業袴用ブーツ

大正時代のレトロモダンさを感じさせる卒業袴とブーツの組み合わせは和風な柄どこか西洋的なスタイリッシュな印象を醸し出してくれます。

しかしだからといって卒業袴にどんなブーツでも似合うわけではありません。
適当に手持ちのブーツを合わせてもちぐはぐになってしまうことがあるので注意が必要です。

卒業袴用のブーツ選びで重要なのはシルエットと色になります。

ムートンブーツのような厚みのあるものは卒業袴には向きません。
できるだけ細身なものを選ぶと良いでしょう。

卒業袴には編み上げブーツが多いのですがシルエットが細身で足首がしっかりとあるものであれば似合いやすいので確認してみましょう。

またブーツの色ですが明るい色は卒業袴にはあまり合いません。
暗い色、中でも色付きであれば茶色、一般的には黒色のブーツが卒業袴に合わせやすい色です。

卒業袴用草履

ブーツとは違い、古風なイメージが強くなる草履も卒業袴によく似合う靴の選択肢です。

ブーツとは違い日常的に草履に拘っている方はあまり居ませんので、おそらくは卒業袴に合わせられるような草履を所持している方は居ないでしょう。

となると購入するかレンタルするかになってきますがブーツとは違い、卒業袴に合う草履は種類が多種多様で選択肢が豊富なのが特徴です。

ただ卒業式ということであまり派手すぎないもので、鼻緒も太いものは少しカジュアルすぎるのでスッキリと細いものを選ぶと良いでしょう。

同時に足袋も色は派手なものは避けて白色が無難と言われています。

卒業袴で持っていく小物

卒業袴に持っていく小物についてですが、キモに関する小物といえば着用するための部品も指しますのでここでは手に持つものを解説します。

卒業袴で手持ちで持つ小物となると荷物をまとめておく手持ちの小さなバッグとなります。

そもそも着物を着る時は手持ちの小物の種類は少なく、出来るだけコンパクトにするほうが良いでしょう。

時折肩掛けカバンを持ち歩いている人もいますがかなり不格好なので避けるべきです。

卒業袴に合うバッグ、着物に合うようなものは種類も多種ありますが卒業式という場面場、式の最中使うものではありませんが派手なものは選ばないほうが無難です。

色についても着物の色にあわせて選ぶと良いでしょう。

またバッグに収納するものとして財布や携帯電話などがありますが、腕時計やアクセサリーなども入れておくと良いでしょう。

というのも着物を着る時は腕時計やアクセサリーは似合わないためです。
ピアスやイヤリングも付けるのであればしっかり選ぶようにしないと不格好になるので合いそうに無ければ外してバッグに収納しておくと良いでしょう。

参考↓
山梨で卒業袴のレンタルを格安でできるお店